御所ヶ谷神籠石

「神籠石」とは久留米の高良山の列石が古くからそう呼ばれていたことにならってつけられた遺跡名です。かつては神聖な場所を区画するための施設だという説もありましたが、発掘調査によって列石を基礎とした城壁(土塁)で山を囲んだ古代の山城であることがわかりました。「御所ケ谷城」と呼ぶほうがわかりやすいのですが、明治時代以来の「神籠石」という名前が今も使い続けられています。最近では、このタイプの古代の城を「神籠石系山城」と呼ぶこともあります。

神籠石系山城は築造の記録が残されていませんが、発掘調査の結果7世紀後半頃に築かれたと考えられています。そのころわが国は百済救援のための朝鮮半島に出兵し、唐と新羅と戦火を交えましたが663年、白村江(はくそんこう)の戦いで敗退しました。その後、唐、新羅軍の侵略に備え防人と烽(とぶひ)を配置するとともに大野城、基肄城、金田城など山城を築き国防体制を強化しました。神籠石系山城もこの戦いの前後に国士防衛のため築かれたと考えられます。

御所ケ谷神籠石は、標高246.9mのホトギ山から西に伸びる尾根の主に北斜面に広がる遺跡です。城の外周は約3kmで地形の険しいホトギ山頂周辺を除いて2km以上にわたって、版築工法で築かれた高さ3~5mの土塁をめぐらせています。土塁が谷を渡る部分は通水口を備えた石塁が築かれます。7つある城門のなかでも、花崗岩の切石を巧みに積み上げ通水口を設けた中門の石塁は壮観です。城内には建物の礎石や貯水池の跡と思われる遺構、未完成の土塁などもあります。
各地の神籠石系山城のなかでも、御所ケ谷神籠石は大規模な石塁や土塁に象徴されるように城としての完成度が高く、当時の中央政権が京都平野を北部九州の防衛の要として重視したことを示しています。

御所ヶ谷神籠石

所在地: 〒824-0047 福岡県行橋市津積