今井祇園祭について

天下泰平・五穀豊穣・無病息災・厄除開運を祈願し、今井津須佐神社に奉納される祭礼行事で、「祇園」の名が付く全国のお祭りはこの今井祇園が発祥とされています。

全国にここだけに残る「連歌」や伝統の「提灯山車曳き」「飾り山曳き」など、鎌倉時代から続くとされる伝統行事です。(福岡県指定無形民俗文化財)

みどころ

貴重な文芸や壮大な山車は必見であるのはもちろんですが、これらの伝統を継承しようと、今井西祇園会(会長:末次辰也さん)をはじめ多くの地元の方々が奮起しています。

また今年は、約70年ぶりに15mを越す曳き山「元永山笠」を復活させようと新たな大事業にも取り組んでいます。

期間概要
7月14日(土) 奉納連歌・鉦おろし

(連歌と共に鉦をたたき、今井祇園祭の始まりを告げる)

7月16日(月) 事務所開き
7月21日(土) 社頭連歌
7月22日(日) 山車建て
7月26日(木) 浄喜寺連歌
7月27日(金) 提灯山車曳き
7月28日(土) 車上連歌(笠着連歌)、夜祇園、元永山笠
7月29日(日) 飾り山車曳き

今井西祇園会PR