ビーチサッカー

ビーチサッカーは砂浜で行うサッカーです。もともとブラジル発祥ですが、近年では世界に広まっています。日本ではビーチサッカー専門チームが197チームあります(2015年現在)。コートの広さは一般的なサッカーのコートの1/7(37m×28m)で、12分×3ピリオドで行われます。プレーヤーは1チーム5人で一般的なサッカー同様にゴールキーパーもいます。

ビーチサッカーの魅力はなんといってもオーバーヘッドやジャンピングボレー、ダイビングヘッドといったアクロバティックなプレーが多発することです。コートが狭くゴールポストが大きいので得点シーンも多くサッカーの魅力が凝縮されています。

また、ビーチでおこなうので地面が柔らかくケガが少ないのも選手にとっては魅力です。

長井浜のビーチは砂質が上質でビーチスポーツに適しているので、毎日夕方からビーチサッカーのチーム「ドルソーレ」が練習しています。今後ドルソーレは子供向けビーチサッカー教室も長井浜で行っていく予定ですので、親子で一度ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

長井浜海水浴場