イルミネ点灯2023活動報告

今年もイルミネーションを駅前に飾っています

駅前のイルミネーション事業を観光協会にお任せ頂いた年に、協会の予算も追加して設置したイルミネーションですが、年々故障する電球も増えており、新たに滝のように光が流れるLEDを追加しました。
点灯式のダイジェスト動画はページの一番下にあります。

行橋中学校の生徒さんがインスタ・スポットを提供

記念撮影する来賓方々:行橋市市長・中間商工会会頭・行橋商工会会頭・中間市市長

今年のイルミネーション企画中に、当協会イルミネーションの電工を担当している会員様が行橋中学校美術部のイルミネーション制作をサポートされている事を知り、是非ともその作品を駅前に飾って欲しいとお願いしたところ、ご承諾いただけました。素敵なオブジェに点灯式後も多くの方々が撮影を楽しまれています。

行橋市・中間市の市長より励ましの言葉

中間市の市長のご出席については、点灯式の駅反対側である西口にて、中間市発祥の『行橋はしご酒大会』が開催されており、参加の為、非公務で来訪されています。点灯式のご挨拶をお願いしたところ快く来賓に加わって下さり、関係者に励ましの言葉を贈ってくださいました。
来賓挨拶では、行橋市長、中間市長、行橋商工会会頭、行橋駅駅長、よりお言葉を賜りました。(動画に一部を収録しています。)

行中美術部代表『質疑応答』

代表の学生さんが、来賓からの質疑応答に回答しました。
問『どれくらい、時間がかかりましたか?』
答『デザインに約1週間、完成までは1ヶ月と少しです。』

問『苦労したところはどこですか?』
答『羽が大きく、埋め込む場所を間違えてしまうため、やり直した事もある』
など試行錯誤の苦労を説明されました。

電気自動車から点灯するデモンストレーションも

電気自動車の日産ARIAでイルミネーションの点灯デモンストレーションが可能のとお話を当会員の日産自動車様より頂きました。スケジュールや車体の持ち込みなども、お世話いただいています。

このARIAは災害時の停電などで一般家庭の約2日分を賄える電気を充電できる能力があり、その電力で車両単体からメインオブジェと中学生作品の点灯電源を供給しました。

点灯では工藤市長と学生代表にボタンを押すパフォーマンスを受けて頂きました。

来賓のご紹介

左より、当協会会長・日産総務課課長・行橋駅駅長・行橋市長・行橋商工会会頭・中間市市長・行橋教育長・行橋中学校校長・美術部代表

ご協賛会社・ご関係者様に感謝いたします。

イルミネーションは費用=美しさと言える企画です、今年は事業者へ協賛もお願いしており、そのご協力に大変感謝いたします。

また、ご来賓、学校、当協会のボランティア役員の皆さま、そして、このイルミネーションを観覧される方々にも感謝し、今後もご協力を賜りながら来年につなげて参ります。

▼点灯式の3分ダイジェスト動画を作成しましたのでご覧ください。

当記事について

記事中の代表学生さん公開については親御さんからも承諾を得ていますが、現代のWEB問題を鑑み、お名前を非公開とさせていただきました。また一部ご来賓についても、検索可能なメディアでは控えたいと考えております。もちろん積極的公開も可能ですので、ご連絡頂ければ幸いです、皆様のご助力に対し、お応えしたいと考えております。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail
動画

前の記事

ハロウィン2023活動報告
活動報告

次の記事

第14回行橋駅前清掃