菜種油

菜種油は抗酸化作用やアンチエイジング効果も期待されます。菜種油の主成分はオレイン酸で、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やします。悪玉コレステロールは血管内に付着して動脈硬化を起こしたり、コレステロール値の上昇や、血管障害のもととなる心疾患につながります。

JR行橋駅構内の観光物産情報コーナでは、平尾台の麓で育った菜の花「ななしぶき」の種子を時間をかけて丹念に精製した菜種油「菜種の園」を取り扱っております。

さっぱりとした口当たりと行橋の春を感じる豊かな風味が特徴です。揚げ物、炒め物だけでなくドレッシングにも最適です。
また、お菓子作りにも利用できて、バターを使った時と比べてサクッとした食感になるのも特徴です。乳製品アレルギーのあるお子様のお菓子作りにもバターの代替としてご利用になれます。

さらに、しゃべりすぎたりして喉を傷めた時も少量飲むことで喉がすっきりします。

dsc_0018-1

行橋市観光物産情報コーナ
電話番号 0930-25-0086