行橋の果実

行橋の特産の一つとしてイチジクや桃、梨、ブドウなどの果物があげられ多くの人々に喜ばれています。

行橋の果実は新田原で栽培され、100年以上も前からの多くの人々の努力の結晶です。

行橋の果実栽培は明治30年ごろか新田原にて桃の栽培から始まりました。明治42年には梨、桃、ブドウの植え付けに成功し好成績を収めました。大正11年ごろからは新田原の果実栽培は大きく発達しました。地元をはじめ広島、愛媛、岡山、山口、大分などから移住してきた人たちによって開墾が続き、大正14年には果実園の戸数は115戸、面積は160haに発達し、特に桃の植え付けは75haで九州一の産地となりました。

大正15年にキリスト教の修道院が開かれたため、昭和の初めには長崎県五島列島からたくさんの人が移住して開墾し、果実園の面積はさらに広がりました。

今日では桃やイチジクは行橋市の名産となり全国各地に出荷されています。

JA福岡京築
福岡県行橋市大字今井1270-1
電話:0930-22-8057
営業時間 7:00〜18:00

前の記事

珈琲豆

次の記事

和菓子